武蔵野室内合奏団 Musashino Chamber Orchestra

指揮者の紹介

1959年東京生まれ。5歳よりヴァイオリンをはじめる。
立教大学入学後、同大学でコンサートマスターを務める。1983年渡独、その後、ニューフィルハーモニーオーケストラの結成に参加。
在京のオーケストラ、室内楽団等での活動の傍ら、1989年に音楽集団TOKYO Y'S CLUBを結成、弦楽四重奏を中心に様々な分野で演奏、指揮、編曲、レコーディング、プロデュース等を行っている。
特にジャズ、フュージョン系を中心とした「TOKYO Y'S CLUB LIVE」は各方面から弦楽四重奏の新しい試みとして注目を集め、全国各地でコンサート、ライヴを積極的に展開している。1999年、日本クラウンレコードより1st Album「TOKYO Y'S CLUB」をリリース、日本初の本格的ジャズ系弦楽四重奏団のデビューとして高い評価を得、2001年には韓国でも発売が開始された。

ソリストとしてもリサイタルやオーケストラとの共演、レコーディング等幅広く活動。山下洋輔、マイケル・ナイマン、CHARITO、TOKU、佐藤允彦、原朋直、陳敏など数多くのアーティストとも共演している。2001年には南郷ジャズフェスティバルに参加、また、2002年には渡辺真知子25周年ツアーや映画「TAMALA 2010」のストリングアレンジを担当するなど活動の範囲はきわめて多岐にわたっている。

指揮者としては、吉祥寺フィルハーモニーオーケストラ常任指揮者をはじめフィルハーモニックアンサンブル管弦楽団、東京グリーン交響楽団等で長年にわたり指導にあたり、現在では、武蔵野室内合奏団の他、さつき管弦楽団、オーケストラ・ウィルの創立以来の常任指揮者を務め、西東京フィル、筑波大学、茨城大学等のオーケストラでも指導にあたっている。

これまでに指揮を森一夫、山岡重信、伴有雄の各氏に、ヴァイオリンを鈴木鎮一、森ゆう子、松井宏中の各氏に師事。
日本海外演奏協会会員、TOKYO Y'S CLUB主宰。

当団指揮者 佐々木 雄一

メッセージ

武蔵野室内合奏団の目標は「小編成で質の高いオーケストラ」です。「排気量は少ないけれど、小回りが利いて高性能の、しかも環境に優しいハイブリッド カー」といったところでしょうか。
数え切れないほどのアマチュアオーケストラが存在する中で、その「違い」を鮮明にすることは容易なことではありませんが、私はじっくり腰を据えて、アンサンブルを重視したきめの細かいオーケストラづくりを心がけています。「豊かな時間と場を共有する喜び」という音楽の本質を、毎回の練習を通じてめざしていきたいと思っています。

PAGE TOP